洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼らは近年スポットが当たりづらくなっているだけなのだ。

まずはオーセンティックな洞察的リーダーについて述べさせて貰いたい。それは、沢山のマーケティング施策やプロモーション無しでも大きな業績を成し遂げた人達だ。彼らは度々本で書かれていたり、良く紹介されたり、有名な評論家に何度も持ち上げられているが、彼ら自身がわざとらしく自分を伝説化したわけではない。というよりも、洞察的リーダーは現実世界の成功や彼らの同僚や競合への貢献から生まれたのである。彼らの仕事はイノベーティブ、破壊的、市場に警鐘を与えるようなものとして広く認められている。かれらは形だけでなく実務家である。彼らはただ単に運でそうなったのではなく、破壊的マーケット・リーダーなのである。
個人や企業のブランディングと洞察的リーダーを区別することは重要である。洞察的リーダーは広く認知されたブランドになるが、他にはない洞察的リーダーシップによって作り上げられたブランドなのだ。

あなたは偉大なるマーケッターにつきものの渦や麻薬的メッセージに捕まってはならない。彼らは仕事を喜んで引き受けるが、請求書が送られてきた時はあなたは非常にがっかりするだろう。

洞察的リーダーシップ(3)へ続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする