アセスメント・センターの活用(2)

Babbar氏は体験型研修の価値についての強力なケースを作り出している。

ビジネスの教育者は理論と実践を確率しなくてはならない。

それは教室で討議されていることを生徒たちに練習されるようなものでなくてはならない。

アセスメント・センターにおいて候補者の役割を割り当てられた生徒は、管理職が扱わなくてはならない状況の種類や仕事で成功するためにはどのような種類の能力が必要なのかが分かるだろう。

アセッサーの役割を割り当てられた生徒は広報車が同じ状況でも様々な反応を示すことが分かり、それが候補者の個人的な強みや弱みを反映してものであることが分かる。

彼らはどうように、同じエクササイズを評価する他のアセッサーがしばしば同じ候補者について全く異なる評価をすることが分かるだろう。それは、人の感じ方は異なるということと評価者間信頼性をとても直接的に表している。

体験型エクササイズ

クラスでアセスメント・センターを実施することによって、また、アセッサー、ロールプレー参加者や候補者となることによって、生徒たちは選抜は管理職の能力教育についてとても大きな洞察を得ることができる。管理職の選抜と教育は管理職の教育のコンセプトとしては重要である。

アセスメント・センターの活用(3)へ続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする