「 アセスメント・センター 」 一覧

分析発表演習

管理職としての重要なスキルは組織の内部環境や組織外の外部環境に目を向けて、データを収集し、解釈し、方針を打ち出すことである。また、自分のアイディアやデータの理解を表すために口頭でのプレゼンテーションを

続きを見る

アセスメント・センターの活用(4)

授業でのエクササイズとしてアセスメント・センターの評価方法を単純化するために、それぞれの候補者のエクササイズの有効性に従って候補者を順位付けしておく必要があるだろう。 候補者役の数が少なければ少

続きを見る

アセスメント・センターの活用(3)

特に組織がフラット化し、管理職でない労働者が管理職的な仕事を行うことを期待される場合である。 アセスメント・センターを体験型エクササイズとして実施する上での2つのキーポイントは、スケジューリング

続きを見る

アセスメント・センターの活用(2)

Babbar氏は体験型研修の価値についての強力なケースを作り出している。 ビジネスの教育者は理論と実践を確率しなくてはならない。 それは教室で討議されていることを生徒たちに練習されるような

続きを見る

アセスメント・センターの活用(1)

能力のある管理職を選抜し育てることは色々な組織が直面するもっとも重要なチャレンジのうち一つである。 アセスメント・センターは両方の目的で広く活用されている。 典型的なアセスメント・センター

続きを見る

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(4)

心理測定テストの活用 沢山の組織は、アセスメント・センターの中に心理測定テストを組み込んでいる。 このテストは通常のやり方で評価され、あなたのコンピテンシー能力を反映しないという意味でアセ

続きを見る

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(3)

インバスケット・エクササイズではフィクションの会社の従業員の役割を果たすように依頼され、あなたの未決箱(インバスケット)にたまった書類に返答しなくてはならない。インバスケットはあなたが仕事を整理し、優

続きを見る

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(2)

アセスメント・センターは会社の研修施設やホテルなどで開催され、沢山の組織で従業員を選択する方法としては最も公平で最も正確なものと考えられている。 なぜならば、沢山の選抜者やアセッサーが貴方を長い

続きを見る

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(1)

あなたにとってプログラムの最初から対面若しくは電話によってインタビューされることは普通のことではないだろう。 しかし、アセスメント・センターでは特に珍しいことではない。 このようなインタビ

続きを見る

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑