有能な人の睡眠時間

有能な人の睡眠時間は平均8時間36分ということが、ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版に載っていた。

おもったより多いなというのがその感想だ。だいたい7時間位がよいというような言説はちらほら見たことがあったものの、8時間以上というのはあまり見たことがない。

さて、言葉遊びのようだが、この説は因果関係をチェックする必要があると思う。

たっぷり睡眠時間をとるから仕事のパフォーマンスが向上するのか

既に成功しているからたっぷり睡眠時間を取ることが可能なのか

時間の使い方が上手いから睡眠時間を取ることが可能なのか

パッと考えられるのはこのようなパターンだろう。

これは、どのような人たちにサンプリングしたかによるだろう。その属性が気になるところだ。

実際のところ、睡眠不足は問題であり、適度な睡眠を取ったほうがよいという言説を導くために取ってつけたように使われている可能性がある。

ただ、どちらにせよ、睡眠不足というのが体に悪いことに間違いはないだろう。

また、この記事によると、質のよい睡眠が必要だとのこと。どうやら、電子機器を睡眠前に使うことによって、かなり睡眠の質が悪くなるようだ。ということは、睡眠前にスマホをいじってもダメだし、パソコンなども駄目だということらしい。

ではテレビはいいのかというと、原理的にはあまり変わらないであろうから、良くないのだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク