管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 ビジネス

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうやって対処したらよいのだろうか。自分のスキルについての間違った意識はそれほど悪いことではない。これは所謂自信過剰といえるかもしれない。

管理職のうち何人かは、そういった人達を呼び出して、膝の当たりを蹴り上げ、または貶すことによってかれらの自信過剰を直させようとするだろう。
しかし、それは時間の無駄である。実際、逆効果だ。

Marcus Buckinghamさんは「The One Thing You Need to Know 」という彼の本のなかで、優れた管理職としての反応を説明している。彼は、幾つかのケースによって、自信過剰というのは、本当の挑戦という側面では実際に役立つものであるということを述べている。したがって、自信過剰の若者の自身のレベルを調整しようとするよりも、彼の会社内の役割と照らして質の非常に高い仕事をする難しさをはっきりと分からせる時間を取るほうがよい。

殆どの人は本当の難しさを低く見積もっている。それは自信過剰につながり、低パフォーマンスにつながる。このような人を切って捨てるようなことは駄目だ。

仕事について話したほうがよい。すべて仕事の話なのだ。あなたの管理職としての仕事はこのような人がそのような難しさを克服することを助けることである。

関連記事

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(3)

インバスケット・エクササイズではフィクションの会社の従業員の役割を果たすように依頼され、あなたの未決

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。また、現在のビジネスの世界で洞

記事を読む

no image

インバスケット攻略(4)

問題解決と意思決定 問題を効率的に解決するためには、あなたは問題を定義しなくてはならない。そして、

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(1)

あなたにとってプログラムの最初から対面若しくは電話によってインタビューされることは普通のことではない

記事を読む

no image

組織階層は組織にとって何の役にたつのか

組織階層は組織にとって何の役にたつのか、その簡単な答えは責任である。 組織階層の構造の本質は責

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マーケットに対するリーダーシップに

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(3)

特に組織がフラット化し、管理職でない労働者が管理職的な仕事を行うことを期待される場合である。

記事を読む

no image

マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がいる。 例えば、マネージャ

記事を読む

no image

インバスケット攻略(3)

インバスケットを攻略するための一般的なトピックス あなたがインバスケットの資料を読む際は、それぞれ

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(2)

アセスメント・センターは会社の研修施設やホテルなどで開催され、沢山の組織で従業員を選択する方法として

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑