管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうやって対処したらよいのだろうか。自分のスキルについての間違った意識はそれほど悪いことではない。これは所謂自信過剰といえるかもしれない。

管理職のうち何人かは、そういった人達を呼び出して、膝の当たりを蹴り上げ、または貶すことによってかれらの自信過剰を直させようとするだろう。
しかし、それは時間の無駄である。実際、逆効果だ。

Marcus Buckinghamさんは「The One Thing You Need to Know 」という彼の本のなかで、優れた管理職としての反応を説明している。彼は、幾つかのケースによって、自信過剰というのは、本当の挑戦という側面では実際に役立つものであるということを述べている。したがって、自信過剰の若者の自身のレベルを調整しようとするよりも、彼の会社内の役割と照らして質の非常に高い仕事をする難しさをはっきりと分からせる時間を取るほうがよい。

殆どの人は本当の難しさを低く見積もっている。それは自信過剰につながり、低パフォーマンスにつながる。このような人を切って捨てるようなことは駄目だ。

仕事について話したほうがよい。すべて仕事の話なのだ。あなたの管理職としての仕事はこのような人がそのような難しさを克服することを助けることである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする