マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がいる。

例えば、マネージャーは管理する人、リーダーは人を方向付け・動機付けする人などと言われる場合がある。

しかし、ご存知のとおり、マネジメントとリーダーシップは決してミッシーに区別できるものではない。マネジメントの一要素としてもリーダーシップはあるのだ。

例えば、管理をするという意味ではPDCAがマネージャーのしごとと捉えられることが多いが、Pにあたる計画やDの実行では、多分にリーダーシップが必要とされる。

例えば、計画を立案する際には、目標値が必要となるが、その目標値は全社的な目標値をただ単にブレークダウンしたものとしてしまっては、リーダーとしては疑問が残るだろう。

何も、それよりも高い目標値を掲げろといっている訳ではないが、自分の頭で考えて戦略的な面から目標値を決定することが重要なのだ。

リーダーに求められるのは方向付け、動機付けという2つだという話しがある。この場合、目標値とそれに到達するための戦略と実行計画が方向付けにあたるのである。

例えば、戦争で一団を指揮すると考えると分かりやすい。ただ単に、突撃!頑張れ!というだけでは、メンバーは動けない。どの方向で突っ込むのか、どのタイミングで突っ込むのか、そういった戦術に至る、方向付けがリーダーの仕事であり、それはマネジャーのしごとの一つでもあるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする