インバスケット攻略(1)

公開日: : 最終更新日:2018/02/26 ビジネス

インバスケットは人材アセスメントの中の一つである。人材アセスメントとは、コンピテンシーに基づいており、一般的には、昇進試験と管理職としての能力開発に活用される手法である。

インバスケットの間では、あなたはあるフィクション上の組織(企業など)の誰かの役割を担うように依頼される。

あなたは、当組織について背景情報を与えられる。

それは、従業員、組織図や組織が直面している主要な問題点などである。

加えて、あなたは手紙の束やノート、メモ、電話のメッセージなどがインバスケット(未決済箱)に積まれた状態で引き渡される。あなたはこれらの資料を読み、問題解決のための戦略を立て、意思決定を行い、計画を立て、進捗を評価し、権限を委譲し、優先順位を付け、組織内の関係者へ情報を伝える必要がある。

あなたが指示書とインバスケットの案件に目を通すことが終わった後、あなたはあなたは複数回答方式の質問の連続に答えなくてはならない。

その質問は、インバスケットの資料のなかで提示されている状況をあなたが如何に取り扱うかについて答えるものである。それぞれの質問は次の記事で説明する管理職としてのコンセプチュアル・コンピテンシー能力の1つまたは複数に紐付けられている。

インバスケット攻略(2)へ続く

おススメのインバスケット対策

インバスケット演習(A)・FB付き

インバスケット演習課題(A)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習(A)・FB付き・テキスト付き

インバスケット演習課題(C)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

関連記事

no image

アセスメント・センターの活用(1)

能力のある管理職を選抜し育てることは色々な組織が直面するもっとも重要なチャレンジのうち一つである。

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(2)

アセスメント・センターは会社の研修施設やホテルなどで開催され、沢山の組織で従業員を選択する方法として

記事を読む

no image

権限委譲の目的とは何か

「あなたは他の人に仕事を任せましたか?」私は尋ねた。 彼女は頷いた。 「はい。あなたが何を言いた

記事を読む

no image

管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうやって対処したらよいのだろうか。

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(4)

授業でのエクササイズとしてアセスメント・センターの評価方法を単純化するために、それぞれの候補者のエク

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(2)

Babbar氏は体験型研修の価値についての強力なケースを作り出している。 ビジネスの教育者は理

記事を読む

no image

経営戦略とは(2)

前回は、経営戦略とは軍事戦略とは違うということを書いた。そして、経営戦略は3Cの要素が必要と書いたが

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼らは近年スポットが当たりづらく

記事を読む

no image

分析発表演習

管理職としての重要なスキルは組織の内部環境や組織外の外部環境に目を向けて、データを収集し、解釈し、方

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(1)

ガラケーのユーザーがスマートフォンに移行しないということが起こっているらしい。 ガラケーを使い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑