組織階層は組織にとって何の役にたつのか

公開日: : 最終更新日:2014/01/12 ビジネス

組織階層は組織にとって何の役にたつのか、その簡単な答えは責任である。

組織階層の構造の本質は責任にある。しかし、不幸なことに殆どの管理職は組織階層の目的とどこに適切な責任が位置しているのかを間違って理解している。

殆どの管理職は組織階層が情報伝達の構造だと信じている。我々も人と話す時には間違った使い方をしてしまう。例えば、私が報告しなきゃ行けないのは誰ですか?という問いは本質から外れた質問である。

管理職の定義は、他の人の成果について責任を負う人というものだ。私が誰に報告するかというのではなく、正しい質問は、新入社員の成果について責任を負っている管理職は誰ですか?という問だ。

管理職が責任を理解するようになれば、全くゲームは変わる。組織階層は目で見える形でどの管理職がチームの成果について責任を持っているのかを教えてくれる。

管理職が彼らのちーむの成果に責任を持つことを理解すれば、態度は変わり、振る舞いも変わる。振る舞いはコントロールとサポートと指導への指示から変わる。すべての従業員は、かれらの問題解決や意思決定について価値をもたらす時間的な能力を持つ有能な管理職を待ち望んでいる。

組織階層の目的とは価値の流れを生み出すことなのだ。一つ階層が上の管理職はかれらのチーム・メンバーの問題解決と意思決定に価値をもたらす存在として見做されるようになる。

これが、成果に責任をもつ管理職なのだ。

関連記事

no image

インバスケット攻略(3)

インバスケットを攻略するための一般的なトピックス あなたがインバスケットの資料を読む際は、それぞれ

記事を読む

no image

権限委譲の目的とは何か

「あなたは他の人に仕事を任せましたか?」私は尋ねた。 彼女は頷いた。 「はい。あなたが何を言いた

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(1)

ガラケーのユーザーがスマートフォンに移行しないということが起こっているらしい。 ガラケーを使い

記事を読む

no image

インバスケット攻略(2)

インバスケットで評価される管理職としてのコンピテンシー能力 インバスケットは管理職としての能力を評

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。また、現在のビジネスの世界で洞

記事を読む

no image

インバスケット攻略(6)

情報を管理し、整理する 日常的な傾向として、課長や部長は容易に情報の氾濫に巻き込まれる。もっとも高

記事を読む

no image

インバスケット攻略(7)

自律性 自分自身のスケジュールを管理する能力は課長や部長の効率性にとって書くことができないものであ

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(4)

心理測定テストの活用 沢山の組織は、アセスメント・センターの中に心理測定テストを組み込んでいる

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼らは近年スポットが当たりづらく

記事を読む

no image

分析発表演習

管理職としての重要なスキルは組織の内部環境や組織外の外部環境に目を向けて、データを収集し、解釈し、方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑