アセスメント・センターの活用(4)

授業でのエクササイズとしてアセスメント・センターの評価方法を単純化するために、それぞれの候補者のエクササイズの有効性に従って候補者を順位付けしておく必要があるだろう。

候補者役の数が少なければ少ないほど、これは難しい仕事ではなくなる。

アセスメント・センターが終了時には、以下の留意点を話しておく必要があるだろう。それによって、生徒の自己評価が影響されないようにする必要がある。

1.教室は理想的なテスト環境と同じように静かにしておく。2.アセッサーは教育された訳でなく、候補者のクラスメートである。3.エクササイズは仕事に特化している訳ではない。誰にとっても公平であるようにできるだけ一般的に設計されている。4.標本としては正確性を欠いている可能性がある。なぜならば計測された個人の評点は他の生徒が候補者として選ばれた場合は異なる可能性があるからである。

特定の組織の要望に応じて異なる種類のアセスメント・センターのエクササイズが開発される。

例えば、J.C.Penneyのアセスメント・センターは”怒った客の電話”と呼ばれるエクササイズを含んでいる。

以下は、最も頻繁に使用される幾つかのアセスメント・センターのエクササイズの説明である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク