アセスメント・センターの活用(4)

公開日: : 最終更新日:2013/12/29 ビジネス

授業でのエクササイズとしてアセスメント・センターの評価方法を単純化するために、それぞれの候補者のエクササイズの有効性に従って候補者を順位付けしておく必要があるだろう。

候補者役の数が少なければ少ないほど、これは難しい仕事ではなくなる。

アセスメント・センターが終了時には、以下の留意点を話しておく必要があるだろう。それによって、生徒の自己評価が影響されないようにする必要がある。

1.教室は理想的なテスト環境と同じように静かにしておく。2.アセッサーは教育された訳でなく、候補者のクラスメートである。3.エクササイズは仕事に特化している訳ではない。誰にとっても公平であるようにできるだけ一般的に設計されている。4.標本としては正確性を欠いている可能性がある。なぜならば計測された個人の評点は他の生徒が候補者として選ばれた場合は異なる可能性があるからである。

特定の組織の要望に応じて異なる種類のアセスメント・センターのエクササイズが開発される。

例えば、J.C.Penneyのアセスメント・センターは”怒った客の電話”と呼ばれるエクササイズを含んでいる。

以下は、最も頻繁に使用される幾つかのアセスメント・センターのエクササイズの説明である。

関連記事

no image

アセスメント・センターの活用(3)

特に組織がフラット化し、管理職でない労働者が管理職的な仕事を行うことを期待される場合である。

記事を読む

no image

インバスケット攻略(2)

インバスケットで評価される管理職としてのコンピテンシー能力 インバスケットは管理職としての能力を評

記事を読む

no image

管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうやって対処したらよいのだろうか。

記事を読む

no image

インバスケット攻略(4)

問題解決と意思決定 問題を効率的に解決するためには、あなたは問題を定義しなくてはならない。そして、

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(2)

スマートフォンかガラケーか、という議論は前回のように使用者の立場に立ってのコストパフォーマンス論で語

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。また、現在のビジネスの世界で洞

記事を読む

no image

インバスケット攻略(1)

インバスケットは人材アセスメントの中の一つである。人材アセスメントとは、コンピテンシーに基づいており

記事を読む

no image

インバスケット攻略(5)

もしあなたの計画が一連の段階を踏まなくてはならないのであれば、それらの段階がうまく整理され論理的に繋

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(4)

心理測定テストの活用 沢山の組織は、アセスメント・センターの中に心理測定テストを組み込んでいる

記事を読む

no image

マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がいる。 例えば、マネージャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑