アセスメント・センターの活用(3)

公開日: : 最終更新日:2013/12/28 ビジネス

特に組織がフラット化し、管理職でない労働者が管理職的な仕事を行うことを期待される場合である。

アセスメント・センターを体験型エクササイズとして実施する上での2つのキーポイントは、スケジューリングと候補者・アセッサー・ロールプレイヤーへの割り当てである。

時間の有効活用な為に複数のエクササイズは同時に行われ、体育の授業のように候補者役はエクササイズを交代しながら実施するようにスケジュール化されなくてはならない。空きがあるのであれば、それぞれのエクササイズは別れた部屋で行われるか、部屋の中を区切って行われるようにすべきであろう。

例えば、部屋の四隅で、昇進面接、フィードバック面談、インバスケット、プレゼンテーションが同時に行われるようにするなどである。スケジュールは候補者にとっては、彼らが何のエクササイズをするのか、アセッサーやロールプレイヤーにとっては候補者が何で評価されるのかを知らしめることになる。

全員がスケジュール通りに動くことが重要である。そうすることにより、全ての候補者役はそれぞれのエクササイズを同じ時間で実施することができるようになる。

アセスメント・センターはそれぞれの候補者に対してグラフィカルな評価軸と複数のディメンジョンを用いて複数のアセッサーが評価を行う。それぞれのエクササイズにおいて、アセッサーは個人の評点とグループ共通の評点を議論する必要がある。

アセスメント・センターの活用(4)へ続く

関連記事

no image

インバスケット攻略(1)

インバスケットは人材アセスメントの中の一つである。人材アセスメントとは、コンピテンシーに基づいており

記事を読む

no image

インバスケット攻略(3)

インバスケットを攻略するための一般的なトピックス あなたがインバスケットの資料を読む際は、それぞれ

記事を読む

no image

インバスケット攻略(5)

もしあなたの計画が一連の段階を踏まなくてはならないのであれば、それらの段階がうまく整理され論理的に繋

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(4)

授業でのエクササイズとしてアセスメント・センターの評価方法を単純化するために、それぞれの候補者のエク

記事を読む

no image

インバスケット攻略(6)

情報を管理し、整理する 日常的な傾向として、課長や部長は容易に情報の氾濫に巻き込まれる。もっとも高

記事を読む

no image

マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がいる。 例えば、マネージャ

記事を読む

no image

経営戦略とは(1)

戦略というのは、定義は色々あるだろうが、原始的な軍事戦略の定義では、「資源の友好的な配置」と簡単に言

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(1)

あなたにとってプログラムの最初から対面若しくは電話によってインタビューされることは普通のことではない

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(1)

ガラケーのユーザーがスマートフォンに移行しないということが起こっているらしい。 ガラケーを使い

記事を読む

no image

組織階層は組織にとって何の役にたつのか

組織階層は組織にとって何の役にたつのか、その簡単な答えは責任である。 組織階層の構造の本質は責

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑