アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(1)

あなたにとってプログラムの最初から対面若しくは電話によってインタビューされることは普通のことではないだろう。

しかし、アセスメント・センターでは特に珍しいことではない。

このようなインタビューによって、ヒューマン・リソースの専門家は6名か12名の候補者のグループを選び、アセスメント・センターに招待する。

アセスメント・センターでは候補者は沢山の種類のエクササイズを受けることになる。エクササイズはアセッサーによって監視され、評価される。

集合型テストの発展に最近の流行がある。

これは候補者が色々なエクササイズを遂行する姿をビデオ撮影し、客観的に評価されるエクササイズによって実行される。これは1日に非常に多くの人数の候補者をアセスメントし、評点付けは後で行うことを可能とし、結果的に実施者の観察と監督の必要性をより少なくすることができる。

アセスメント・センターは通常選抜プロセスの最初の段階で活用される。なぜならば非常に多くの時間とお金がかかるからである。そして、アセスメント・センターでは最初に職務面談を伴うことがよくある。他の測定方法、例えば心理テストなどが選抜プロセスに組み込まれることもある。

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(2)へ続く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク