分析発表演習

公開日: : 最終更新日:2018/02/26 ビジネス

管理職としての重要なスキルは組織の内部環境や組織外の外部環境に目を向けて、データを収集し、解釈し、方針を打ち出すことである。また、自分のアイディアやデータの理解を表すために口頭でのプレゼンテーションを行うことである。分析発表演習のエクササイズでは、候補者に問題の見え方について相反するような情報を与える。相反すると言っても多くの場合は、データなど事実について相反するデータのことではなく、例えば従業員インタビューなどの従業員それぞれの主観的な意見などのことである。そういった、主観的な意見には発言した人の立場によって相反する意見が出てくるものである。

候補者はそういった情報が色々あるなかで、自分自身で情報を整理し、異なる意見について明確な趣旨をつくりあげなくてはならないのだ。

候補者は評価されるにあたって、仕事に関連したキーとなるビジネス上の問題についての解釈し分析するためのデータや資料を渡される。分析発表演習のアセッサーは候補者が問題の二つの側面を示して、データや資料を解釈し、資料の理解をどれだけ一般的な言葉で示すことができるのかという視点で評価する。

ただし、評価についてはディメンジョンありきである。ディメンジョンにある項目だけを評価するのがアセッサ―の仕事なのだ。

おススメの分析発表演習対策

インバスケット演習(A)・FB付き

インバスケット演習課題(A)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習(A)・FB付き・テキスト付き

インバスケット演習課題(C)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

関連記事

no image

インバスケット攻略(5)

もしあなたの計画が一連の段階を踏まなくてはならないのであれば、それらの段階がうまく整理され論理的に繋

記事を読む

no image

権限委譲の目的とは何か

「あなたは他の人に仕事を任せましたか?」私は尋ねた。 彼女は頷いた。 「はい。あなたが何を言いた

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(2)

Babbar氏は体験型研修の価値についての強力なケースを作り出している。 ビジネスの教育者は理

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(3)

インバスケット・エクササイズではフィクションの会社の従業員の役割を果たすように依頼され、あなたの未決

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(2)

スマートフォンかガラケーか、という議論は前回のように使用者の立場に立ってのコストパフォーマンス論で語

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。また、現在のビジネスの世界で洞

記事を読む

no image

インバスケット攻略(7)

自律性 自分自身のスケジュールを管理する能力は課長や部長の効率性にとって書くことができないものであ

記事を読む

no image

マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がいる。 例えば、マネージャ

記事を読む

no image

経営戦略とは(1)

戦略というのは、定義は色々あるだろうが、原始的な軍事戦略の定義では、「資源の友好的な配置」と簡単に言

記事を読む

no image

インバスケット攻略(1)

インバスケットは人材アセスメントの中の一つである。人材アセスメントとは、コンピテンシーに基づいており

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑