分析発表演習

管理職としての重要なスキルは組織の内部環境や組織外の外部環境に目を向けて、データを収集し、解釈し、方針を打ち出すことである。また、自分のアイディアやデータの理解を表すために口頭でのプレゼンテーションを行うことである。分析発表演習のエクササイズでは、候補者に問題の見え方について相反するような情報を与える。相反すると言っても多くの場合は、データなど事実について相反するデータのことではなく、例えば従業員インタビューなどの従業員それぞれの主観的な意見などのことである。そういった、主観的な意見には発言した人の立場によって相反する意見が出てくるものである。

候補者はそういった情報が色々あるなかで、自分自身で情報を整理し、異なる意見について明確な趣旨をつくりあげなくてはならないのだ。

候補者は評価されるにあたって、仕事に関連したキーとなるビジネス上の問題についての解釈し分析するためのデータや資料を渡される。分析発表演習のアセッサーは候補者が問題の二つの側面を示して、データや資料を解釈し、資料の理解をどれだけ一般的な言葉で示すことができるのかという視点で評価する。

ただし、評価についてはディメンジョンありきである。ディメンジョンにある項目だけを評価するのがアセッサ―の仕事なのだ。

おススメの分析発表演習対策

インバスケット演習(A)・FB付き

インバスケット演習課題(A)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習(A)・FB付き・テキスト付き

インバスケット演習課題(C)・フィードバックサービス1回付き(対策テキスト付き/なしをお選び下さい)

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク