アメーバ経営のコンサル・サービス

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 ビジネス

稲盛和夫氏がつくりあげたアメーバ経営という経営管理手法が、コンサルティングサービスとして展開されているようだ。

どうやら300社以上の企業が採用しているとのこと。経営コンサルティングで検索すると上位に上がってくるので、相当力をいれているのに違いない。

詳しいところは良く分からないのであるが、ニュースによると”小集団部門別採算制度に基礎を置いた全員参加型の分権的経営システム”という表現がされており、抽象的にまとめると、部門別採算制度ということができるのだろうと思う。

部門別採算というのは、管理会計を基礎としているが実際は人事システムの一つである。前提として、業績責任を負う単位に組織を分化させ、その少組織のなかで責任と権限を持たせるという考え方である。

この仕組によって、ある意味社長的な人材を育成することができる。その少組織が儲かっているか否かということが明白になるのである。

ここで管理会計の出番となる。所謂PL、BS、CFは管理会計ではなく制度会計であり、会社全体の業績は分かるが、特に部門別の採算性は分かりにくいものである。

例えば、制度会計上は、工場というのは製造原価を積む部門だけに過ぎなく、売上は営業が全てを上げることになるが、部門別採算性を導入すると、工場は作った製品を一定の仕切り価格で営業に販売することになる。そうすると工場でも(社内)売上が上がり、その売上から製造原価と諸経費を引くと、利益を計算することができるのだ。

関連記事

no image

インバスケット攻略(6)

情報を管理し、整理する 日常的な傾向として、課長や部長は容易に情報の氾濫に巻き込まれる。もっとも高

記事を読む

no image

権限委譲の目的とは何か

「あなたは他の人に仕事を任せましたか?」私は尋ねた。 彼女は頷いた。 「はい。あなたが何を言いた

記事を読む

no image

インバスケット攻略(2)

インバスケットで評価される管理職としてのコンピテンシー能力 インバスケットは管理職としての能力を評

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(1)

能力のある管理職を選抜し育てることは色々な組織が直面するもっとも重要なチャレンジのうち一つである。

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。また、現在のビジネスの世界で洞

記事を読む

no image

洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼らは近年スポットが当たりづらく

記事を読む

no image

アセスメント・センターにはどんなフォーマットがあるのか(4)

心理測定テストの活用 沢山の組織は、アセスメント・センターの中に心理測定テストを組み込んでいる

記事を読む

no image

アセスメント・センターの活用(2)

Babbar氏は体験型研修の価値についての強力なケースを作り出している。 ビジネスの教育者は理

記事を読む

no image

スマホよりガラケーか(1)

ガラケーのユーザーがスマートフォンに移行しないということが起こっているらしい。 ガラケーを使い

記事を読む

no image

インバスケット攻略(5)

もしあなたの計画が一連の段階を踏まなくてはならないのであれば、それらの段階がうまく整理され論理的に繋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
マネジメントとリーダシップ

時々マネジメントとリーダシップを異なるものとして対比しようとする人がい

no image
洞察的リーダーシップ(3)

ブランディングについてのリーダーシップを切り出して見るのではなく、マー

no image
洞察的リーダーシップ(2)

悪い意味に取らないで貰いたい。本当の洞察的リーダーは未だに存在する。彼

no image
洞察的リーダーシップ(1)

洞察的リーダー(Thought Leadership)とは何だろうか。

no image
管理職は自信過剰な人をどうやって扱うのか

管理職として彼らの能力を越えていると思われるような仕事を望む人にどうや

→もっと見る

PAGE TOP ↑